*

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも良いと思います。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をはっきりさせておきましょう。泊まりでの勤務は荷が重い、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人で仕事への要望は異なります。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。どの方法だったら、理想に近い形で、看護師が違う病院に転職可能かというと、専門の業者に依頼するのが近道であり、安心な方法でもあります。インターネットで探してみると、さまざまな転職サイトがありますから、まずは情報を知ることが近道だと考えられます。複数の看護師転職サイトに登録しても良いので、気軽に試してみるのも良いでしょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。ただし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、お互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。マイナビ看護師の求人情報なら、離職する率が低めの素晴らしい転職先を優先的に紹介してくれるので、満足のいく転職先をみつけた人が多数いるようです。担当コンサルタントも医療知識があって、希望条件の細部までよくわかり、その希望条件と合致した働き口を見つけ出してくれるのです。看護師は医師の指示により医療行為を行う場合が多いですが、容易な医療行為であれば、医師の指示を受けなくても行うことが可能です。ですので、例えば、老人ホームなど福祉施設に看護師や医師がいる場合、本当に心強いと言えるのです。医療従事者という意味では、看護師には煙草を吸う人があまり居ないというイメージですが、印象通り、平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。看護師は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が多い状況だと理解できると思います。看護婦さんのうち、外来ならお医者さんの診察のお手伝いなどをしますし、入院病棟では、入院している患者の体調管理、また、雑務もナースの仕事内容に含まれます。患者さんの体や心、そして、回復状態のすべてに気を配り、状況に応じ、対応するのも、看護師の使命です。看護師の仕事内容には、どのような内容を含んでいるのでしょうか。朝は前日の夜勤の担当者から患者さんの様子を聞いて、引き継ぎを行います。この業務は夜勤と日勤の交代の際に常に行われる「申し送り」という名の業務です。その後、入院中の患者のバイタルを測定し、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。キレイモ 埼玉


コメントする