*

暮らし

日焼け止めを正しく塗って美肌になる!

少量ならビタミンDの合成など体によいですが、紫外線にはシミ、シワ、たるみを作るなど美肌によくない面があります。紫外線は1年中地上に届いています。1年中紫外線対策をすることで、肌トラブルが少ない状態になります。

 

紫外線を防ぐために日焼け止めを塗ると思いますが、使用量が少ないと十分な効果を発揮しません。製品に記載されているSPFやPAの値はたっぷり使用したときの値です。目安はクリームタイプはパール2粒分、ローションタイプは1円玉2枚分です。白浮が気になるときは、白浮しにくいタイプを選ぶとよいです。

紫外線と光老化の関係について

 

たっぷり使っても取れてしまったら効果がなくなります。頬杖や髪をかき上げるしぐさで簡単に取れます。4~5時間おきにこまめに塗り直すと、高い紫外線カット効果を出します。


テスト

テスト記事です。